keyboard_arrow_right
役立つ転職での体験談は転職支援業者の利用したこと

役立つ転職での体験談は転職支援業者の利用したこと

今の日本の景気はとても厳しいものです。新卒の人でさえ楽なものではありません。転職となれば、なおさら厳しいのが実情です。私は昨年転職をしました。転職を決意したのは、会社の方針に納得できないことと、自分の可能性をさらに広げたかったことが理由です。しかし、新卒で入社した会社にずっといて、転職は始めての経験であり、どう活動をしだしてよいか戸惑います。求人情報をみても数が少なく、希望する企業がなかなか見つからない状況でした。転職をしようと決意した時に、現状勤めている会社を辞めてから転職活動をすべきか悩みましたが、家族を持ち扶養している立場の私にとって、収入が途絶えることは避けなければいけないことでした。しかし、会社に勤めているとなかなか転職活動はしにくいものです。

そんな時、インターネットで転職情報サイトをみていたら、転職支援会社をみつけました。さっそく情報収集すると、転職支援をうけたいのならば、登録するとよいとのことでした。そこは登録が無料だったので、登録をすることにしました。そして一度担当者とあって、今後の方針を話す場をもうけられました。話を聞くと大まかな流れの説明を受けました。まずは履歴書と職務経歴書の支援業者に提出しておき、希望職種をつたえておくと、内容にあった企業の紹介をしてくれます。紹介してくれた企業に申し込みをしたいならば、支援業者に伝えると、あとは書類の提出や面接の日程調整をすべて自分に代わってやってくれます。自分のやることは履歴書と職務経歴書を作成するくらいです。

支援業者と会って話をするのは始めの一回位で、あとはメールでのやりとりなので、会社勤めの自分にとって、楽に転職活動ができました。役立つ転職での体験談として、転職支援業者の利用がおすすめです。そして、会社勤めをしながら転職活動が可能になります。転職活動をしていても、収入源を途切れさすことは大きなリスクになります。会社を辞めてから転職活動をした時に、すぐに転職先が決まればよいですが、今の不景気の中なかなか転職先がきまらない可能性が高いです。また、無職期間が長くなれば長くなるほど、実践経験が遠ざかり、転職先の企業からみても、好ましい状況とはいえません。リスクを回避するために、会社勤め等で収入を確保しつつ、転職活動をしてよいところが見つかれば、会社を辞めるという方法が、もっともおすすめです。会社に勤めていて常に実践を積んでいれば、次の転職先でもすぐに力を発揮できる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*